歯周病と矯正の症例 東京・日本橋、銀座、表参道、六本木、横浜桜木町の歯周病治療

歯周病と矯正治療

矯正をすると歯茎が下がって歯が長く見える!?

成人の矯正治療は顎の骨ができあがっているため、骨のないところに歯を動かすと、歯ぐきが下がって長い歯になってしまいます。

また、歯周病にかかっている方に矯正をした場合、歯周病が進行してしまうことがあります。歯周病の管理をすることが必要です。

症例

成人の矯正治療は顎の骨ができあがっているため、骨のないところに歯を動かすと、
歯ぐきが下がって長い歯になってしまいます。
また、歯周病にかかっている方に矯正をした場合、歯周病が進行してしまうことがあります。
歯周病の管理をすることが必要です。

また、骨のないところに歯を動かすにはPAOO(急速増骨矯正)という方法を使います。


 

矯正中歯の根っこが歯茎から透けて見えています。歯茎が下がってきてしまったため、
装置をいったん外した状態で紹介されました。
この状態で矯正を続けると歯茎が下がってきてしまいます。心配した矯正の先生からの紹介です。

人工の骨と皮膚を移植しました。

術後は歯茎に厚みが出ています。

その後、無事矯正治療が終了しました。

その他の情報をお探しの場合は、関連サイト精密審美会のホームページもご覧ください。